FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

また星がふる 朗読

こんにちはっ!
今回は、珍しく新発売お知らせとは違います。
過去描いた、詩がいくつかありまして、そのなかの一篇を、今回はご縁頂いて、朗読して頂き、
作品に生まれ変わることができました。

朗読をして頂いたのは、霜月優さんです!
霜月さんのサイト→ 悠々自適

それでは早速下のプレイヤをオンにして、お聞きください。続けて詩本文もついております。







また星がふるロゴ

「また星がふる」

あの日 割れた空から 星が見えた 
瓦礫に縛られた 手足のばした 

落ちていく光 まるい月の輪郭をたどり 
地表からのぼる雲 ひろがるおおううめる 
見上げた先ひとつ 明日が消えた 

幾百の願いがあった 
幾千の想いがあった 
時間が誰にも平等だなんて 誰が決めたの 

なぜ 私と あなたと 
与えられた時間(とき) 違ったの?



あの日 朽ちた胸から 星が消えた
瓦礫に奪われた 手足返して

崩れた世界に まるい人の輪ができひろがり
地上からのぼる歌 ひろがるおおううめる
前を向く先ほら 明日が見えた

幾万の光が消えた日  
幾万の星が生まれた
時間が誰にも平等だなんて 誰が決めるの

なら 私は あなたに
どれだけ歩けば 追いつくの?


止めた重い足
見上げた空を映す鏡
天を指さし 星を宿す

幾百の願いがあった
幾千の想いがあった
幾万の光が消えた日  
幾万の星が生まれた

街は動き出す
人は歩き出す
どこにいても
同じこの空を見上げて

だから私歩いていく
あなたの一秒 私の一秒 重なる日まで
この足で歩いていく 

あなたの背中
わたしの時間に抱いて

この足で歩いていく


________________________________

いかがでしたか?
ゆったりと揺りかごのような語り、堪能して頂けましたでしょうか。
全部お聞き頂いた方は、あれれと思ったかもしれません。
もちろん、何を感じ、何を思い描いたか、それはどんなものでも、お聞き頂いた方々の胸にあるもの、
それ全てが正解です。

この詩は、阪神淡路大震災から、10年、実際に街として形を復興した神戸を歩く機会があり、感じたものをしたためたものです。
復興はなしたけれど、未だ、誰もいない部屋で、あの日から、時が止まったままの人もいます。
新天地で、何かを見いだせた人もいるでしょう。
時は誰しもに、平等ではないです。
ふる星は、また誰しもの頭上で瞬いても。

ちょくちょくと、こういう企画もできていけたらいいなぁとか、夢想しております…
まだまだ、眠っているものがいっぱいですから(笑

良縁頂いた、霜月優さんに、最高の謝辞を。
素敵な作品にして頂いて、ありがとうございました!

line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

藤和工場

Author:藤和工場
R18音声サークル「藤和工場」のブログへようこそ。
ご連絡は
fac.touwa星gmail.com
星を@に変えてください。

line
販売作一覧
line
バナー
リンクして頂ける際は、このバナーをお使いください。
line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
sub_line
検索フォーム
line
☆声優さんリンク
☆月宮怜 様
☆みみ。 様
☆綿雪 様
☆七海こねこ 様
☆野上菜月 様
☆白夜あこ 様
☆姫綺るいな 様
☆さくら真咲 様
☆藤城みらの 様
☆西浦のどか 様
☆藍沢夏癒 様
☆小音 様
☆浅見ゆい 様
line
制作さんリンク
☆福栗悠斗さん
 漫画家さんです!
☆DGらいおんさん
 音声同人を作製されているサークルさんです!
☆つむぎゆうさん
 創作文芸作品を発表
 されていらっしゃいます!
☆同人サークルリンク集/
 ゲームメーカーリンク集さん
line
藤和工場のQRコード
藤和工場
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。