FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ショートストーリー『瞳に映る彩りの』

音声作品の新作は明日くらいからなので、その合間に書いてみました。
読んで頂いて、色々各感じてもらうタイプの小説です。
それではどうぞ。さらっとよめる分量になっております。

______________________________

『瞳に映る彩りの』

心が動く瞬間がある。
それには色んな理由があるけれど、今、目の前に広がる世界は、それにかなう。

「早く帰らないと、暗くなるよ」

夕風に薄金の髪を紫紺と染めて、随分と高い位置にある碧い瞳が問い誘う。
いつから、いつも傍らにいたのか、覚えていない。
いつになったら、その瞳を追い越せるのかもわからない。
陽を背負い、体の端から光をのぼらせる姿は、神々しく、額に納まる絵画だ。
逆光の薄墨に身を置いても、月のない夜空を閉じ込めた瞳は、沈黙を好まない。

「綺麗だなぁって……」

満天の瞳を丸くするが、指した先が通り過ぎると、見慣れたとんがり口になった。

「夕焼けなんか、見飽きたの」

途端、空に雲がさして、宇宙はかげる。
だから、言葉を繕った。

「あの空、どんな色に見える?」

刹那の戸惑いと溢れる好奇心を宿らせて、碧い宇宙は瞬いた。

「ええとね、ぱあぁっと赤が広がってて、あっちはピンクで、こっちは紫、あの辺は青のままで、山はもう墨の黒だね!」

望んだ景品を手に入れたと笑う、あの頃のまま、薄金の髪は軽やかに夕風と踊る。

「僕とは違うから、何かもっと綺麗な色が見えるんだと思ってた」

告げると、宇宙は輝きを増す。
その瞳で、その髪で、その体で……今までどんな事を強いられて、虐げられて来たかと知っている。
それでも、今日の色を見てしまったら、純粋な疑問に、勝てなかった。

「あのねぇ、同じ目の色でも、見えるもの全部同じに言えるわけじゃないよ。私だって、同じ目の色髪の色の人連れてこられても、同じ言葉で喋れないかもしれないもん」

自虐をシャボンにとじ込めて、ふぅっと飛ばすと、それは伸ばした指先に触れて割れた。

「それに、違うからいいこともいっぱい。誰かと違う心だから、誰かとつながれる。誰かと違う目だから、ひとつのものも、おもしろい。同じ世界で、みんなが冒険者になれるんだから!」

助けたつもりの時もあった。
けれど、いつも最後は救われる。
窮地に陥ると、冒険者は水の底でも、切り立った崖でも、片手にロープを巻き付けて、空いた手をさしのべる。
満面の笑顔と、満天の瞳を煌めかせて。

だから、心が動いた。
今日、夕焼けを見て、冒険者になろうと決めた。
見えない崖の先を恐れずに、重なる色の隙間へ飛び込もう。

「うん、じゃあ、もう帰ろう」

きっぱりと告げて、夕風と遊ぶ手を取った。
見上げた瞳は、今、一番近い銀河。
そこに、新しい星が生まれた。

「……うん」

それは出発の合図。
いつか同じように、手をつないで歩いた道を、ふたり冒険者になって、また歩き始める。
生まれたばかりの、あの星の、これからのありようを見つけるために。
夕闇に溶ける、長い陰を重ねて。

(了)
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

藤和工場

Author:藤和工場
R18音声サークル「藤和工場」のブログへようこそ。
ご連絡は
fac.touwa星gmail.com
星を@に変えてください。

line
販売作一覧
line
バナー
リンクして頂ける際は、このバナーをお使いください。
line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
sub_line
検索フォーム
line
☆声優さんリンク
☆月宮怜 様
☆みみ。 様
☆綿雪 様
☆七海こねこ 様
☆野上菜月 様
☆白夜あこ 様
☆姫綺るいな 様
☆さくら真咲 様
☆藤城みらの 様
☆西浦のどか 様
☆藍沢夏癒 様
☆小音 様
☆浅見ゆい 様
line
制作さんリンク
☆福栗悠斗さん
 漫画家さんです!
☆DGらいおんさん
 音声同人を作製されているサークルさんです!
☆つむぎゆうさん
 創作文芸作品を発表
 されていらっしゃいます!
☆同人サークルリンク集/
 ゲームメーカーリンク集さん
line
藤和工場のQRコード
藤和工場
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。